PAGE TOP ▲

第164回 「2019大学受験から何を学ぶか? ⑬ 大学別志願状況 中央大学」

中央大学

皆さん!こんにちは!!いよいよ最終コーナーですね!各大学の入学試験日程も出揃い、具体的な日程作成に取り掛かっている受験生も多いと思います。このタイミングで、2019年度の大学受験を今一度振り返り、2020年度に活用できるポイントを探っていきたいと考えています。今回はその第13回です。

学部新設で2年連続増加も、既存学部は前年比91%

看板学部の法学部でも2桁以上の減少を記録しました。

文 前年比77%で大幅減少
総合政策 前年比80%で5年ぶりの減少
商 前年比87%で4年ぶりの減少
法 前年比88%で4年ぶりの減少
理工 前年比92%

経済 前年比112%で4年連続増加

MARCH唯一の志願者・合格者増加

新設学部の押し上げ効果があったとはいえ志願者数は4504名の増加、これに伴い合格者は1861名の増加となりました。難関大敬遠の流れの中で最も影響を受けたのがMARCH各校でしたが、その中で中央大学は志願者・合格者双方を伸ばした唯一の存在となりました。根強い人気が改めて認識される結果でした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加